MakitManager(管理画面アプリ)

MakitManager

MakitManagerはユーザーアカウントの管理や架電リストの登録、オペレーターの架電記録の集計や録音された架電記録を出力するなど、Makit(架電専用アプリ)と連携する管理画面アプリです。

リスト(顧客情報)や架電(通話)内容の記録をシステムで管理することで業務を効率化し、記録内容を一定の条件でリスト出力するこで管理情報を分析することも可能です。

メニュー画面

メニュー画面

MakitManager(管理アプリ)を使用してこれから行いたい操作のボタンが表示されている画面です。「何をしたいか」が直感的にわかるシンプルなインターフェイスで操作性、効率性を重視したレイアウトになっています。

Makitmanagerメニュー画面

アカウント(作成・設定)

アカウント(作成)

Makit(架電アプリ)/MakitManager(管理アプリ)を操作するユーザーアカウントを作成登録。

アカウント(設定)

登録したアカウントにモニタリング、ささやき機能も設定可能。

MakitManagerアカウント(作成・設定)

ログインユーザーへの権限を分け拠点、支店、代理店だけの情報を管理可能。

センター管理者

すべての権限が付与されます。

ユニット管理者

ユニット管理者を除くすべての権限が付与されます。

グループ管理者

コールの履歴や見込・再コール内容、集計を行えます。(禁止番号管理、リスト取込み、リスト管理の権限はありません)

オペレーター

コール(架電)業務、コール内容の記録を行えます。(※モニタリング、ささやきの権限を付与することも可能です)

リスト取込み・管理

リスト取込み

リストのデータファイルをCSV、Excelで取込みが可能

MakitManagerリスト読込み

こんなことができます

重複電話番号検知機能

リスト投入時に重複する電話番号を「そのまま投入する」か「重複番号を省く」かを選択して投入することが可能。

リストの分配と共有

投入リストを全体で共有しながら架電する方法と、分配して架電する方法の2種類から利用できる。

リスト管理

MakitManagerリスト管理

リスト管理(全般)

登録されているリストの追加、編集、書出しなどをおこないます。

リスト管理(共有追加)

登録されているリストをアカウント単位で共有します。

リスト管理(振分追加)

アカウントごとにリスト内の電話番号を振り分けます。

リスト管理(QuIck追加)

アカウントごとにリスト内の電話番号をQuIck設定に振り分けます。(※この機能はオプションです)


禁止番号管理

MakitManager禁止番号管理

禁止番号管理:管理者禁止

リストから架電を禁止する電話番号をMakit全体に登録・管理
※CSVでの読込み、書出し可能

禁止番号管理:禁止リスト

リストから架電を禁止する電話番号をコールセットごとに登録・管理
※CSVでの読込み、書出し可能

コール履歴・結果への再アプローチ

コール履歴

リスト先へのコール履歴を表示または書出し

MakitManagerコール履歴

見込・再コール

リスト先へのコール結果から見込ステータス一覧を表示します

MakitManager見込・再コール

集計

集計

MakitManager集計

コール結果を目的ごとに集計して表示または出力します。
※リストのコール結果は、以下条件ごとに表示またはExcel/CSVファイルに出力することができます。

オペレータ結果集計

オペレータごとの集計を表示します。

グループ結果集計

グループごとの集計を表示します。

ユニット結果集計

ユニットごとの集計を表示します。

共有結果集計

共有リストで架電した集計を表示します。

振分結果集計

振分リストで架電した集計を表示します。

リスト結果集計

リストごとの集計を表示します。

日別結果集計

日付ごとの集計を表示します。

新規登録・オペレータ結果集計

新規登録したリストのオペレータごとの集計を表示します。

編集・情報共有

マイフォルダ

リスト保存先フォルダの新規作成や編集・削除をします

MakitManagerマイフォルダ

テロップ

Makit(オペレータ側)の画面にメッセージをテロップで表示可能。情報の共有や行事、注意事項などもリアルタイムで指示。

MakitManagerテロップ

Makit(架電専用アプリ)

Makit

Makitはオペレーターが架電する際の架電専用アプリです。オペレーターの方は通常こちらのアプリをお使いいただきます。

直感的に理解できるインターフェイスで操作もシンプル。パソコンに不慣れな方でもすぐに使うことができますので、採用からすぐに即戦力となり離職率を下げることができます。結果、人材募集に必要な広告コストを削減が可能。

リスト情報・管理

リスト情報

取り込まれたリストの情報が表示されます。過去のコールステータスの確認や架電時の録音なども聞くことができます。

Makit リスト

こんなことができます

リストの追加投入が可能

すでに投入しているリストに対し、追加してリストを登録することが可能

5番号まで登録可能

電話番号の登録を最大5番号まで登録可能

リスト項目の内容修正

架電時に投入したリスト項目をオペレータにて変更することが可能。(ヒアリングで住所などが相違していた場合に直接書き換えができる)

アンケートシステム「Quick」との連動が可能

アンケートシステム「Quick」と連動することにより、自動的に潜在見込みを探しながら架電することが可能

アンケートシステム「Quick」について

個人テレアポリスト作成

Makitの場合・・案件を1件1件登録しながら架電することが可能。(ネットサーフィン等で架電先を探しながらテレアポを行なっている会社等に有効)

架電・再コール

架電

表示されたリストへ実際に架電しコールステータスの編集も可能です。コールステータスのチェック項目は扱い商材などによっても柔軟にカスタマイズ可能です。

Makit 架電

こんなことができます

発信通知番号の選択

相手に表示される0120番号を複数登録する事ができ、発信時に番号を選択することができる。

内線転送・外線転送

通話保留状態から、出先の営業の携帯や、固定電話へ転送することができる。

コールステータス、チェック項目のカスタマイズ

架電時のコールステータスのチェック内容をカスタマイズできる(最大30×2の60チェック)

架電時の詳細な絞り込み

オペレータの架電時に、投入したリスト項目から都道府県や業種などでより詳細に絞り込みを行い、ターゲットを定めた上で架電が可能

発信通知番号の選択

相手に表示される0120番号を複数登録する事ができ、発信時に番号を選択することができる。

再コール

再架電が必要な案件の一覧が表示されます。予定時間も表示され効率的にアプローチすることができます。

Makit 再コール

こんなことができます

オートコール

あらかじめ呼出し時間を設定し、不出の場合、自動的に「オートコール不在」の履歴を残し、次の案件へ架電をすることができる。(個人別に呼出し時間を設定することが可能)

履歴

コール履歴

過去の架電履歴が表示されます。結果などのコールステータスを確認しながら画面を切り替えることなく、見込み客へ再架電も可能です。

Makit コール履歴

オペレーターサポート

モニタリング

オペレータの架電状況をリアルタイムでモニタリングし、「ささやき機能」を使って架電先に聞かれることなく的確にアドバイスが可能です。

Makit モニタリング

チャット

管理者からオペレータ、またはオペレータ同士でチャットを発信でき、情報共有や的確なアドバイスなどリアルタイムでおこなえます。

Makit チャット

その他

パーク

通話中の案件を「内線転送」「外線転送」のボタンを押下することにより、一時的に「保留状態」のまま通話相手を待機させることができます。これにより、「内線転送」「外線転送」のボタンを押下したオペレータ以外も「保留状態」中の案件を解除し通話をすることが可能です。

Makit パーク

資料請求・お問い合わせ

Makit(メイキット)
・今すぐコールセンターを開設したい
・低予算でオペレーターが使いやすいCTIシステムを導入したい
・支社、在宅スタッフを遠隔でリアルタイムで管理したい
など、Makitに関するお問い合わせ、資料請求はこちらまで

お電話でのお問い合わせ
受付時間 10:00~18:00 [ 土・日・祝日除く ]
0120-998-303